『西村のライブ』。と、『西村じゃない方のライブ』

『西村のライブ』、そして通常営業の弾き語りライブの3days、終了しました。

まずは『西村のライブ』。今回は第一部の舞台と第二部のライブという2本立て。
無論、ワタクシは第二部のライブの方に呼ばれた訳ですが、「何なら第一部も出たろうやないけ!」と息巻いて会場の南青山MANDALAへ。
到着すると、ステージ上ではゲネプロ(通しリハーサル)の真っ最中。「滅多にない機会なので、どんなもんか見せてもらおう」と、舞台袖へ。そこで目にしたものは、セリフの言い回し、セリフの間・目線・立ち位置に至るまで、より良いものを届けようと、本番ギリギリまで何度も何度も詰めていく役者の方々の真剣な眼差し。俺は、そっとその場を離れ外へ。…カミサマ、ゴメンナサイ、もう二度と、「何なら第一部も出たろうやないけ!」なんていう大それた発言はいたしません。そして、もう二度と、縁も所縁も無いのに関西弁で意気込んだりはいたしません…。と、空に向かって一人誓った。
で、本番。気が付けば西村さんとライブを始めてもう8年。もちろん緊張は有りますが、「西村さんと羽井息ぴったり!」と観てくださった皆様が思ってくれていることを願いつつ、ワタクシ個人の感想を「楽しかった!!」の一言に集約させておきたいと思います。来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。『西村のライブ』、次はいつ戻ってこられるか、定かではありませんが、首を長~くしてお待ちください。

【セットリスト】
1・どんより
2・バラの花束
3・嘘でも良いから
4・セブン
5・悲しみのミルフィーユ
6・まどろみのマドレーヌ
7・シャンソン
8・信じらんねぇ(アンコール)

そして翌日、通常営業の弾き語り。さすがに若干の疲れは否めませんでしたが、これまた素敵な共演者の方々に囲まれ、何とも楽しい一日に。そして何より、こんなワタクシのライブにも、お金を払って、時間を割いて観に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。まだまだ精進いたす所存です。

【セットリスト】
1・翼があっても
2・月と
3・魔法が解けないふりをして
4・願わくば明日も
5・無題
6・トーストが焼ける間に

さて、今月はもう1本ライブがあります。皆さん、何とぞ変わらずご贔屓に。

10月30日(火) 北参道 ストロボカフェ
音が降る夜
出演 Luxmi / 羽井一彰 / 門岡加織 / Chiao's "B" / KAREN&TAMON
時間 OPEN 18:30 / START 19:00
料金 2300yen +1Drink Order
☆20時45分~出演。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック